スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヨナライツカ

今日、辻仁成さんの「サヨナライツカ」を買って来て読みました。

普段、小説はあまり読まないのですが、

辻仁成さんの作品には興味があったので

読んでみたところ、

見事にはまりました。

一気に読んでしまいました。

他の作品も読んでみたくなりました。

ではまた
スポンサーサイト

一時帰宅

今日、夫と義理の母が、夫の実家に一時帰宅します。

全く放射能とは厄介なものです。


放射能の恐ろしいところは症状がすぐに出ないところです。


危険なのは、年齢が若ければ若いほどリスクは高まりますし、

男性より女性の方が発癌率が40%も高いと言う事がアメリカの調査で分かっています。


原発を続けると言うのなら電力会社は、


80キロ圏内の住民の移動先を確保してから原発を設置するとか

原発をすでにこれほど建設してしまっているのなら


せめて、一家に一台ガイガーカウンターを義務付けしてもいいくらいですね。

個人で判断してその後の行動に出られるし


ガス会社の方は警報器が設置されているのに


電力会社は、怠慢、と言うレベルではありません。


見えない、健康被害が直ぐに出ない


ここが最大の問題点






今回、放射能が取り上げられていますがそもそも電磁波も安全なの?


よく調べてこれからの子供達を守って欲しいです。

でも、利益優先だから調べないんだろーな~。


ではまた

節電

相変わらず放射線量は高いですね。

白河市のアパートへ行く度に下痢。

滞在時間も24時間くらいが限界でしょうか。

高速代金無料になっても、うーん( ̄~ ̄;)

と言う訳で野田市の方で避難中の私ですが

ここ数日暑いです。

しかし心配なのは電力です。

自分一人くらいという気持ちが大勢の人の命を奪うことになるかもしれないかと思うと安易に使えません。

「頑張って節電したけど、さすがに、暑さで、ぐったりした」 と公彦に電話で話したら

「別に一人くらい使ったって、どーってことないよ」とのたまわった。


こういうところが彼と合わない。


そんな彼には思わず(放射能の多いところで生活していろ!!)

と思ってしまいました。




ああ気持ちがメルトダウンして行く( -_-)

放射線量

今日のニュースで柏市の放射線量が0.4マイクロシーベルトと言うのには驚きました。

兄が言っていましたが

国内の食品は

大変な世の中になってしまいました。


利益優先の考えかたを

改めない限り

とてつもなく恐ろしい時代に突入です。

勇気を持って立ち止まり

頭脳を結集して

乗り切らないと

いけません。

昨日の延長の繰り返しではNG

競争社会で生きて来た人類が

突然協力的社会に変革するには脳の構造上

かなり抵抗感があるかもしれませんが

あくまで脳内の勝手な構造なので

考え方を変えても

肉体に支障はないので

心を変革して

合理的に新しい社会を作って

この苦難を乗り切りましょう。

ではまた

驚愕

今回の震災で精神的にかなりやられてしまっているのに、他の情報を見ていたら怖い事が書いてありました。
今回の震災は、これから始まる世界中の災いの最初の1ページらしいです
しかも、戦争も起こるらしいし、

でも、そう言えば、関東大震災の後、世界大恐慌、第二次世界大戦、


だけど今回の違うところは、世界規模の天変地異うんぬん


日本も戦争と天災で壊滅するらしい。


まあ、今の日本の政治では党派を越えて一致団結して難問を解決する姿勢なんか微塵も見られないから、


外国から攻撃されたりしたら一発で壊滅。


天変地異でさらに壊滅。


とんでもない時代に生まれてしまったのかもしれません。


どこかの小学校で津波の避難の時、校庭に生徒を集めて、点呼をとっていて逃げ遅れて被害が拡大した、


日本の縮図。


これからの事、本気で考えよう。


ではまた

白河市

金曜日に白河に行って来ました。
夫が福島市勤務なのですが、放射線量が高いので、一緒に行きたくないと言ったら白河に家を借りて、そこから新幹線で通うことになったのですが、
いかんせん白河もまだまだ放射線量が高い!
と言う事で
私は野田に待機。

しかし生活の準備があるので渋々行って見る事に。

生活に必要なものを買ったりして。

ショッピングモールやら飲食店もまあまああって住みやすい良いところです。

アパートも駅から徒歩7分で、新しいアパートで快適。

が私の身体が1日持ちませんでした。

腹痛から始まり下痢。

放射線を浴びたときの症状

下痢から、らしいです

次に鼻血らしいです

夫はノー天気な感じで

平気平気と言いますが

夫は原発も安全安全って言って居たので

私は野田へ緊急避難



以前は自然がいっぱいって思っていた風景が

今はセシウムにおかされた森

木々や土の見える風景がおぞましく、雨や風等の自然現象も以前感覚とは違う。


本当の幸福とは安全で安心で健康な事。

今ある自分の肉体に痛みが無いならそれは普通なのではなく本当にに幸福な事。

もっとこの世の中、慎重に注意深く丁寧に慎ましく。


人類って痛い目にあわないと気付かないんでしょうか

痛い目にあってもまだ気付かないっぽい。


ではまた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。