スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月7日感染性胃腸炎

IMG_0569.jpg


先月の25日が父親の病院の日だったので



24日に野田の実家に帰ってお手伝い。



25日は病院の送迎



26日は犬のアトピー治療の病院。



27日に白河へ帰る予定でした。



が、



27日の朝、父親が酷い下痢と嘔吐



重症なので私の車で運べる状態じゃないので救急車で病院へ。



点滴などをされて、回復してきたので、薬を処方されて、帰宅。
(あれ?帰って大丈夫なの???)



高齢の父親は食事を取れず、痩せているのに大丈夫なのだろうかと不安



28日ケアマネージャーの方が訪ねて来て、昨日の経緯を話すと


ケアマネージャーさん「ノロウイルスじゃなくてよかったですね~(^^)。

            もしノロウイルスだったら、奥さんも大変でしたよ~。」

母と私        「ああ、そうなんですか(^^)。」

その凄さを知らない私たちは、想像がつかなかった・・・。


高齢の父がほぼ寝たきりに近い状態なのでなるべく風邪など外から持ち込まないように


日頃から気を付けている私たち。








が、悲劇はその夜から。



母が、下痢と嘔吐。


私が下痢。



が~ん。うつった。


魚介食べてないから、25日の病院で父がうつって?





翌日(日曜日なので緊急外来へ)這うようにして病院へ。



病院には、嘔吐を伴う患者がちらほら。むむむ。流行っているのか。





薬を処方されるも、母は下痢と嘔吐が。あの大食母が食事が摂れないなんて。



父も食事が摂取できず



私も嘔吐まではいきませんでしたが、胃が気持ち悪く、食事が摂れない。



これはまずい。ビタミンやら、なにやら、悪化しないように対策をとる私。

めまいまで出てきてしまって。わーまずいまずい。



一家が・・・。



かと言って身動きが取れず。



この手の胃腸炎はそのウイルスに効く特効薬はないらしいです。

自分で回復するしかないようです。








と言う事で、時が過ぎ、




少し母も私も回復傾向がみられたその時、



食欲旺盛でなんでも食べるうちのわんこの目つきがおかしくなり・・・・・ゲロ。



しかもわんこは血尿まで。



私は具合悪い体を押してわんこを病院へ。



家族総出で抗生物質投与。



そしてその翌日には猫の福ちゃんまでゲロ(これは時々あるので心配なし)










数日後、全員が快方にむかったとき、



今度は父の足に何やら水ぶくれが(泣)。



壊疽になったら足の切断になることもあるので注意していたのに!



すぐに病院へ(涙)。




衰弱していたからか寝返りが打てなくなって、湯たんぽで低温やけど。







最悪です。




が、悪化しないように治療するしかないです。








今、白河へ帰っています。




が、こちらの家族に感染してはいけないので、アパートで隔離状態。















こんな感じです。
スポンサーサイト

テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。